自律神経失調症とは | 目のお悩み・不妊相談なら漢方の葵堂薬局 大阪府堺市

自律神経について

自律神経失調症とは?

自律神経(心身を活動させるときに働く交感神経と、緊張を休めて心身を休息させるときに働く副交感神経)が何らかの原因により心身に不快な症状が起こる病気が自律神経失調症です。

こんなこと、気になりませんか?

めまい、耳鳴り、肩こり、頭痛、頭が重い、手足のしびれや痛み、手足が冷える、顔がほてる、動悸、下痢、便秘、胃がおかしい、眠れない…。
これらは日常よく起こりがちな症状です。このようなときに病院を訪れ、検査で病名がわかれば、その治療によって症状は治まり一件落着です。
ところが、いろいろ検査をしてもこれといった原因が見つからなかったり、病気の程度が自分の考えている程度よりもずっと軽く、検査結果からは症状の重さを説明できない場合があります。このようなとき、「自律神経失調症」の可能性が考えられます。

自律神経失調症は“気のせい”ではなく、ちゃんと原因がある病気です。

「異常が見つからないのなら、自律神経失調症は病気ではないの?」と思うかもしれませんが、そうではありません。検査で原因がわからないのは、自律神経の働きを正確に調べる検査方法がないためや、この病気の背景には、精神的ストレスなどの検査では推し量れない要素が多いためです。
 検査で「異常なし」といわれると、周囲の人から、「気のせい」「大げさ」「怠けている」と見られてしまうことがあります。その無理解な態度が、あなたをさらに苦しめていることもあるでしょう。自律神経失調症は、検査結果だけで語ることができない病気だということを、多くの方が正しく理解することが必要です。

お問合わせはこちら
サブコンテンツ